コンテンツSEOチェックツール高評価 FAQ(よくある質問と回答)のページ

このSEOツールは無料ですか?

はい。本SEOツールは、無料で何度でも使用することができます。

このSEOツールは、内部対策ツールですか?

はい。本SEOツールは、内部対策の状況をチェックすることができます。

ALT属性に設定されるテキストは、SEO評価に影響しますか?

はい。ALT属性に設定されるテキストは、画像の説明文であるとともに、ページで説明しているものは何かをわかりやすく表現するために重要なテキストです。このテキストは、ページが何を説明しているかの評価に使用されることがあり、重要なものです。

文字カウントツールは、どこからどこまでの範囲の文字数を数えていますか?

文字カウントツールは、BODYタグ内の本文テキスト文字と、ALT属性内のテキストの文字カウントを行っています。コンテンツSEOツール高評価では、一定の文字の数(文字量)も評点の要素として使用しています。

エラーになる

サーバーに接続できない、HTMLを正しく解析できない、など様々な理由で処理が中断される場合がございます。エラーの内容について修正した後、再度ツールの実行をお願いいたします。エラー番号と、対策は次の通りです。

エラー番号 対策
E1-1 URLが入力されていません。
調査したいページのURLを入力してください。
E1-2 キーワードが入力されていません。
調査したい単語を入力してください。
E1-3 HTMLの解析に失敗しました。
DOCTYPE宣言、htmlタグやbodyタグなど主要なタグの挿入忘れ。各タグの閉じタグ忘れの可能性があります。修正後、再度調査をお願いいたします。
E2-1 ツールのサーバーに何らかのエラーが発生しております。
時間を置いて再度調査をお願いいたします。
E2-2 入力されたURLに接続できませんでした。
正しいURLを入力してください。URLが正しい場合はアクセスが制限されている可能性があります。解除後、再度調査をお願いいたします。
E2-3 入力されたURLは別のURLにリダイレクトされています。
「高評価」はURLのリダイレクトに対応しないようにしています。リダイレクト先のURLを入力し、再度調査をお願いいたします。
E2-4 テキストを正しく取得できませんでした。
headタグ、bodyタグいずれかが重複しているので、修正後、再度調査をお願いいたします。
E0-0 原因不明のエラーが発生しています。

調査結果に表示される内容が設定しているテキストにならない

サイト基本情報の調査結果は対象のタグが複数設置されていると先に出現したタグの内容を表示するため、想定の内容にならないことがあります。また、その他の項目でもJavaScriptで書き換えている場合は同様に設定している内容と調査結果に表示される内容が異なる場合あります。

ツールが動かない

ブラウザのバージョンが動作対象外となっている可能性があります。対応ブラウザは次の通りです。

OS ブラウザ
Windows
Mac共通
Mozilla Firefox 最新版
Google Chrome 最新版
Windows Internet Explorer 11
Mac Safari 10.1.2以降

単語が認識されない

SEOツール「高評価」では、文章中の単語の数をカウントする際に、単語を最小の単位まで分解することがあります。

単語数が想定よりも少ない

同一の単語を省いた数になっていますので、総単語数より少なくなります。

Google Analyticsを使っているのに調査結果の評価が「×」になる

SEOツール「高評価」はHTMLソースコードにAnalyticsのトラッキングコードがあるかどうかを確認しています。
タグマネージャーや類似サービスを使用している場合はトラッキングコードの有無を識別できないため、評価が「×」になります。スコアに影響のない項目なのですが、注意喚起が目的のためご了承ください。

グラフの合計点と総合得点が一致しない

総合得点は、各項目を採点した後、百分率で表示しています。そのため、グラフ上に表示される得点の合計値とは異なります。

評点が悪いページが上位に表示されている

検索エンジンの実際の評価点は、各ページの評点だけで決まっているわけではありませんので、本ツールで評点が悪くても上位に表示されることがあります。本ツールは、各ページのSEO度合いをわかりやすく数値化するものです。しかし、本ツールで高評価である場合、そのページが上位に表示されやすい傾向があることについては確認ができております。