調査結果

  • URL
  • Keyword
  • 総合得点
    {{AllScore}}点/100点中

トップページ以外の評価を調査してみましたか?
各ページ単位で、コンテンツに対するキーワード評価は異なります。
トップページ以外も調査し、各ページ高評価を目指しましょう。

①基本情報

②主題

形態素解析の結果、ページ内で使用されている単語の上位10個を表示しています。検索キーワードとページのコンテンツ内容の関連性の高さを示すために、対策をしたいキーワードが、上位単語の3つに入っていることが、SEO上、評価されているページの重要な傾向としてあげられます。
対策したいキーワードが上位3つに入っていない場合、検索キーワードとの関連性が低いコンテンツとして分類評価される可能性があります。

※単語のつくり上、形態素解析だけでは正しく認識できない場合もありますが、検索エンジンではn-gramなどの解析形式も併用しているために分類評価できている単語もあります。こうした単語を比較的正しく認識させるためには、meta keywordsタグや、schema.org等、ogp、Twitterカードなどの、検索エンジンが意味を読み込みできる分類タグを的確に使用することで、適切に分類評価させることができる場合があります。

③文字数

④単語数

⑤見出し情報

ページを構成する上で重要な、見出しのテキストを閲覧できます。見出しのテキストはページ内における各セクションの概要を短く表しているため、ページ内でどのようなことが主題になっているかを参考にするために役立ちます。
ここに含まれている単語は、検索エンジンにページ内容と近い重要な単語として認識されることが多いため、対策したいキーワードを上手に記載することがユーザビリティにもSEO対策にも大切です。

⑥代替テキスト情報

ALT属性は、画像の説明(= 代替テキスト)を記載するため使われる属性です。通信速度が遅いなどの、なんらかの理由により、画像が表示されない場合は、ALT属性に設定しているテキストが画像の代わりに表示されます。
また、検索エンジンが画像が何であるかを判別する時の材料としてここに記載されているテキストを使用したり、本文に書かれている内容がなにであるかを評価する時の補助として使用したり、画像検索の際のテキストマッチ率評価にも使用することがあるため、ALT属性のテキストを適切に設定しておくことで、ページの評価が向上したり、画像検索からのページへの訪問数が増加することがありますので、SEO対策にとっても重要な要素です。

⑦発リンク一覧

現在のページから、他のページに移動することができるリンクを発リンクと呼び、リンク先が同じドメイン内なら内部リンク、別のドメインなら外部リンクになります。
検索エンジンのロボットはリンクのテキスト(=アンカーテキスト)に含まれている単語とリンク先の関連性が高い場合、その単語で検索されたときの評価を高くする傾向があるため、リンク時に使用するアンカーテキストにも配慮することが重要です。

内部への発リンク

外部への発リンク

コンテンツSEOツール「高評価」は、各ページ単位における指定キーワードでの"SEO対策度合い"をチェックするものです。

対象URLがリダイレクトされている場合やJavaScriptで変更された結果等は取得できないことがあります。

AjaxやASPで構築されているページの情報は、取得できない事が多いです。ご了承ください。(例:Wix等)

各コンテンツの内部SEO対策上、重要な項目をわかりやすく評価

SEO対策に重要なmetaタグなど、サイトの基本情報をチェック

Webサイトの基本情報

titleタグ、meta description、meta keywordsなどの重要なメタテキスト情報のマッチ率、モバイルフレンドリー対応上重要なviewportの設定の有無、ダウンロード速度に影響するドキュメントのファイルサイズ、Webページの基本情報を一括チェックします。 いずれも、SEO対策を行う上で重要な項目です。想定外の設定になっていないか一覧でチェックでき、変更・調整の抜け漏れを防ぎます。

コンテンツの方向性がSEOの対策キーワードと合致しているかをチェック。

コンテンツを構成するSEO対策キーワード

コンテンツに使用されているキーワードの上位10キーワードを表示します。SEO対策したいキーワードが表示されていない場合は、コンテンツ内のキーワードと検索キーワードの関連が薄いと認識されるおそれがあります。

SEO対策上重要なページの概要を伝える見出しタグをチェック

見出しタグ内(hタグ)のテキスト

コンテンツ内で使用している見出しタグのテキストを閲覧できます。見出しに含まれるテキストはコンテンツ内の主題を端的に表していると解釈されます。内容が充実しており一貫性と信頼性があるか、そのための単語が適切に含まれているかなどを、一覧で閲覧することができ、意図している内容が伝えられる構成になっているか確認できます。

画像検索サイトのSEOにも関わるALT属性をチェック。

画像代替テキスト(ALT属性値)一覧

ページで使用している画像と代替テキストを一覧表示します。代替テキストは通信速度が遅い場合に画像の代わりに表示されたり、文章読み上げツールなどが読み上げる文字として使用されたり、画像検索で画像自体を検索する時のキーワードとして使用されたり、ページ内の重要な補足資料の説明文として使用されています。ALT属性が指定されているのに、中身は空欄となっている場合など、マイナス評価を受けることがあります。説明があったほうが良い画像には、その画像自体についての適切な説明を入れましょう。また、その画像がページのテーマに沿っている。つまり関連性が高いほど、ページの評価が高くなる傾向があります。

クローラーの巡回を助け、SEOの成果につなげる発リンクをチェック

ページ間構造の評価に重要な発リンクテキストの関係一覧

内部向け発リンク、外部向け発リンクをそれぞれ、アンカーテキストとnofollow設定ともに、一覧にします。 アンカーテキスト(キーワードを含むリンク時のテキスト)と、リンク先の内容が合っていると、SEO対策上の評価が向上します。

SEOツール「高評価」ご利用の際の注意

本ツールは「スペース区切りの1~3単語」について、指定URLとの関連性を点数化しており、調査する単語によって点数は大きく異なりますのでご注意ください。

本ツールの評価は、「コンテンツに対する特定のキーワードにおける評価」に重点を置いています。外部からのリンク評価や、SNSのシェア評価、ドメイン評価、レイアウト評価などは計算しておりませんので実際の順位と評点とに差異がある場合は、上述の箇所を改善することで、評点の改善を目指しましょう。

本ツールの評価は、検索エンジンの評点方法と完全に一致しているわけではありません。ページの主題が、想定通りとなっているかをチェックしたり、利用者のニーズを満たすコンテンツとなっているかを確認するツールとして、ご活用ください。

動作環境

OS ブラウザ
Windows
Mac共通
Mozilla Firefox 最新版
Google Chrome 最新版
Windows Internet Explorer 11
Mac Safari 10.1.2以降

SEOについて

高い評価を得るためには、検索キーワードを合わせることだけに固執するのではなく、 検索して来訪するサイトの閲覧者が、何を知りたいか、その答えがページ上にわかりやすく、 詳しく表現されていて、閲覧者が知りたいことが解決することが重要です。

このツールは、対象ページに主題として検索キーワードがページコンテンツに適切な量入っているか、 重要な箇所にしっかり入っているかを評価するものです。

SEOを意識してコンテンツを作成し、キーワードの含有程度の評価で評価が高くても、 閲覧者にとって良いものに なっていない場合、結果的に順位が上がらない場合があります。 業種ごとに異なる、閲覧者にとって良い情報になるように想像力を磨き、記載方法を工夫しましょう。

チェックする